電機屋さんのスタッフが、仕事を通して日々感じる事などを綴っています。
先日、GT2103とKV-N60を使用することになりそうだったので、

通信の確認をしてみました。


GT側の接続マニュアルにはKV-N60との接続は記載されていませんでした。


まさか、接続できない・・・

と、ちょっとは頭をよぎりましたので、

実機で確認してみることに。


接続してみると、

あれ???

やっぱり接続できない?????


PLC側のメーカーに聞いてみましたら、

営業の方がきて、あれこれと試みてくれました。


その時は通信はできずじまいだったのですが、


その後、何やら腑に落ちないので、

GOTに一からデータをばっさり流し込んでみました。


すると、どうでしょう、

通信ができるのです。


しかし、PLC側に一つ工夫が必要だったのです。

PLC側のメーカーが教えてくれたのですが、


ラダーにて「CM2350」に「#3000」を書込んでおくというもの。

通信のしょっぱなに、GOTにKV3000と機種を知らせるらしいのです。

実際使用していたのは「KV-N60」でしたが、問題はありませんでした。


ただ、結局、今回、この組み合わせは使用しなくなりましたが、

通信ができるというのがわかってよかったです。



ちなみに、この時は

GOT2103-PMPDS (CH1に背面のRS232Cを指定しました)

GT10-C02H-6PT9P

OP-86917(5m)

KV-N60AT

でした。






スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

これは社長がいつも口にする言葉です。

制御盤を作っているので、納品する制御盤だけが商品ではなくて
それを作るための図面やハード・ソフトの全てが
商品であるということですね~!


図面はお客様にお渡しを致しますが
それは新しいものやデータでお渡しすることが多いですよね。

内作用の図面を元に作業を行う訳ですが
その時に使用する図面なども
社長は『商品やから大事に扱おう!』 と言います。

もちろん、図面ですから
分かりやすいようにメモをしたりはしますよ。

でも、あっちこっちバラバラで無くしたりとか
踏んづけたり 
むやみやたらに汚したり

は、やはり何だか違う気がすると私も思います。
そして、それを言うなら、電線や端子一つとっても同じですよね。

社長がそうおもうきっかけになったのは
この仕事をやり始めた時
電線をうっかり踏んだところを先輩に見られたら

「小松 なにしとんねん。電線も商品や!
うちは それでお金もろとんねん。大事にせえ!」

と言われてハッとしたんだとか。
(社長、良い先輩に恵まれましたね~)




真面目過ぎる!と思われますか?


でも、大切なのはそんな心や気持ですよね。
見えない所をも商品として大切に扱う というそんな態度が
ひいてはお客様に伝わっているはず!

私たちは愚直に真面目に
そんな仕事をしていきたいと思っています。
ご無沙汰しております。
なかなか更新が出来ないうちに5月になってしまいました。

さて、責任感を持って仕事をするってどんなイメージですか??
最近そんな事を考える機会があったので
ちょっと私の個人的な思いを書いてみます。

普通に考えれば

与えられたことや自分でやると決めたことは最後まで全うする

こんなところでしょうか。
もちろんね、それはそうだと思います。

でも、仕事ということに限定するとですね…
そこに顧客(相手)が居て、行うことに対価が発生する訳ですから
ただ全うすると言うだけではいけないのではないかなぁ~と思っています。

どういうことかと言いますと

例)自分でやります!と言ったからには、何が何でも自分でやらなければいけない。
  人に頼ってはいけない。分からないことも全部自分で調べて解決する!

一見、責任感ある行動に映りますよね。
もちろんこれで全う出来てお客様が喜んでくだされば万々歳です!

  →→ けど…時間がめちゃくちゃかかって納期に遅れてしまった。。。
      お客様を待たせてしまった。。。
      要求されていたレベルより下回った。。。
      体調が悪いのに一人で無理をしてミスをして結局ご迷惑をお掛けした。。。


こうなったら、どうでしょうか??


これなら私は、
頃合を見計らい上司・同僚・その他の手を借りてでも出来るだけ早く解決するなりして
最低でも要求されたレベルにもっていくという方が
責任感があると言えるのではないかな~ 
と思うんですよね。

(後、できるかどうか?を受ける時点で見極めて、無理ならば断わるということも
お客様にご迷惑をお掛けしないという責任感だと思うんです。)



電機の仕事だけに限らず
こんな判断に迫られる場面は少なからずあると思いますが
そんな場面になったならば

一番優先すべきは 
○お客様に出来るだけ早く・良いものをご提供すること
○喜んでいただけること
○ご迷惑をお掛けしないこと

 かなと。
やはり、相手の事を一番に考えるってことですね。


ただ、この判断が難しいことが多いですね(汗)
往々にしてあるのが

もうちょっと頑張ったら一人でいけそう。
手伝ってと言いにくい。
聞いたら恥ずかしい。
出来ない人と思われるかも。

なんていう自分の中での葛藤です。
もちろん、そんな葛藤が無くても…どこまでならいけて、どこからが無理かの判断も難しいところ。
けれど、一番 優先すべきことを念頭に置いて
自分の受け持った仕事を責任を持って果たしたいなぁと思っております。

偉そうに書きましたけれどね
これは自戒の念を込めてのものです。

この氣持ちを忘れずにがんばります!

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

// ホーム //